どうしてチャイルドシートは必要?

お子さんをお持ちの皆さんは「チャイルドシート」を自動車に常備しているでしょうか?もし、車に設置していないのならすぐに設置するようにしましょう。チャイルドシートは単なるベビーグッズではありません。シートベルトと同じように、事故からケガや命を守る大切な道具。つまり、身を守る命綱といえるでしょう。

大人でもシートベルトをしていなかったら事故を起こしたとき大変ですよね。擦り傷や打撲程度の事故であればまだいいが、鞭打ちや骨折、出血といった命に関わる大きな事故から身を守るために設置されているもの。 チャイルドシートも同じです。子供専用の身を守る自動車のシステムがこのチャイルドシートなのです。

基本、チャイルドシートは6歳未満の子供に着用を義務付けたもの。自動車での事故は、小さなものや大きなものを含めて必ずある。もしものときに子供の身を守るのは、このチャイルドシートです。
子供の体格は大人と比べるととても小さく、通常のシートベルトではその性能を活かすことができません。つまり、事故が起きても100%の効果を発揮することができないのです。そのことを考えると子供の体格に合った形・デザインの、そして命を守るのチャイルドシートはの重要性を理解していただけいると思います。

親の抱っこでは不十分!
これまで自動車を運転するときは助手席に乗せるか、または親が子供を抱っこするのが一般的でした。しかし、いくら親の力が強くても事故の衝撃ははかりしてないものです。というのも、通常スピードを出す車がもし事故が起こってしまった場合、その手に掛かる衝撃は大人で支えることができないほどなのです。

もし、40kmのスピードで車を運転してと仮定しましょう。そのとき事故を起こしてしまった場合、抱っこしている親の腕に掛かる衝撃はどのくらいだと思いますか?あまり知られていませんが、その衝撃は子供の体重×30倍だといわれています。具体的な数字を言いますと、もし子供の体重が5kgだとしましょう。

すると、150kgの衝撃が一瞬にして親の腕にかかるのです。その衝撃を受け止められると胸を張って言えますか?いいえ、そんなことは決してないでしょう。150kgのダンベルを両手で受け止めるのと似たような感覚です。実際、そんな経験をすることはありませんがイメージするとしたらそういう例えになります。これで、チャイルドシートが子供にいかに必要なのか。その意識が芽生えたことでしょう。

タイプ別チャイルドシートシートの概要

これまで、数多くのチャイルドシートが販売されています。ご家庭に子供がいらっしゃるのならもちろんあるでしょう。しかし、まだ子供がいない方や、結婚・出産を間近に控えている方ならまだチャイルドシートをお持ちでないと思います。今後子供が生まれて、そして車にチャイルドシートが必要になったとき、その多くのタイプに何を選べばいいか分からなくなってしまうでしょう。

チャイルドシートといっても結構高価なもの。石鹸やシャンプーを買うような日常の消耗品とは違って、簡単に取り替えられるものではありません。そのため、何も予備知識を持たず購入することは大袈裟ですが自殺行為と言えるでしょう。後悔先に立たず。買ってから後悔しても遅いと言うことです。ですので、チャイルドシートを買う前にどのようなタイプがあるのか知っておいて損はありません。

チャイルドシートは子供の成長に合わせてタイプを選ぶのが基本です。
ではそれぞれのタイプを見ていきましょう。

ベビーシート

子供が生まれてから0〜12ヶ月程度のお子さんなら、この「乳児用チャイルドシート」が適しているでしょう。この乳児用には2種類のタイプが合って、横向きと縦向きに分かれます。

ベッドタイプ
横向きにして使うチャイルドシートは、だいたい生まれてから6ヶ月未満まで使うものです。ベッドタイプという言葉通り、乳児に快適な睡眠を与えるアイテム。車の移動中でも泣くことなく、スヤスヤとした眠りを与えてくれるでしょう。
そしてベッドタイプなので、大きくなったら背もたれを起こして乳児がもっと大きくなるまで使うことができます。
シートタイプ
また縦向きのチャイルドシートは「シートタイプ」と呼ばれるもの。シートタイプは通常フロントガラス側に頭が来るように逆さまに設置します。このタイプは安全性に優れたチャイルドシートですので、運転が下手な方は子供の安全を考慮してこのシートタイプを選ぶといいでしょう。

兼用チャイルドシート

兼用チャイルドシートは、良いとこ取りのチャイルドシート。つまりジュニアシートとチャイルドシートを兼用することができます。このタイプの特徴は、長い期間車のシートに載せることができる点です。子供の成長はとても早く、みるみるうちに大きくなっていきます。そのスピードは大人の感覚では語りきれないものでしょう。ですので、この兼用チャイルドシートが役に立つと思います。
このチャイルドシートは11歳の子供までを想定して作られたもの。ですので、幼児用として少し大きすぎます。だいたい1歳を超えたお子様をお持ちのご家庭で使うことをお勧め!それに、子供を持つと何かとお金を出費するものです。家庭の経済事情を考えて長年使えるこのタイプにするか、または安全性や機能性を重視したチャイルドシートを選ぶかはそれぞれの判断によるところとなるでしょう。

チャイルドシートとベビーカーの兼用タイプ

皆さんは、チャイルドシートの購入を考えたときにチャイルドシート・ベビーカーが一緒であればいいのに…。と考えたことはありませんか?車で移動するときはチャイルドシートに、そして車を降りて散歩や買い物をするときはベビーカーになる。そんなアイテムがあればいいのにと。実際、その兼用タイプがあるのです。1台で多目的に利用できるタイプなのでとても便利。

このチャイルドシートとベビーカーの兼用型はシートの部分を外すことができます。それが兼用タイプの特徴。ベビーカーだけではなく、バウンサーとしても重宝しますので、さまざまな場面で活躍するこのタイプは嬉しい商品です。
ただし、多目的な利用できる分、長く使うには適していないのがデメリットでしょう。子供が成長すれば使わない、また子供の体格には合わないなどの問題もあるのでサイズや子供の成長具合を見て判断するように心掛けたいものです。

check

インターネットFAXを検討する

2017/8/3 更新